普羅国際特許・商標事務所

普羅の業務案内

知的部門の創設支援

■知財部門の創設支援

日常業務において、「あっ、こんなものがあったら良いな」と思ったことはありませんか?
発明などの創作活動は、時と場所を選ばずに行うことが出来ます。通勤途中など、ふとした機会に、大ヒット商品となるアイデアを社内の誰かが思い付くかも知れません。
しかし、身近に相談できる方がいなければ、このような素晴らしいアイデアも決して日の目を見ることはありません。
社内に知財担当部門(知財担当者)があれば、このような、ちょっとしたアイデアでも気軽に相談でき、これをビジネスに生かすことができるかも知れません。
新商品の開発を行う際の着想が提案されただけでも十分に効果はあります。 更に言ってしまえば、定期的に社内活動においてアイデア募集を行えば、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性もあり、何よりも社員全員に「積極的な思考力」「問題解決力」が生まれ、やる気が起きるのではないでしょうか?
知的財産部門とは、社内で発生したアイデア(新商品情報)を総括する部署です。ちょっとしたアイデアを大切にし、ビジネスを発展させましょう。
また、知的財産部を設置し、他社の特許文献を解析することで、様々な技術内容や商品開発動向を把握することができます。「あの会社が○○を開発してるんなら、当社は□□を開発しよう」など、商品開の方向性を探ることもできます。 更に、近年における知財紛争は、裁判に至らないまでも様々な場面で激化してきています。このような面倒に巻き込まれないようにするためにも、知的財産担当者の存在は不可欠であると考えます。
決して専属者である必要はありません。PCを操作できる方ならば大丈夫です。
当事務所にご相談頂ければ、10日〜30日程で、調査・出願までも行うことのできる知財担当者を育成いたします。

■手続の内容など

・御相談方法
「知財部門を設置したい」「知財部門の効率化を図りたい」等を先ずは御連絡ください。「お問い合わせ」からの御連絡にはSSLを使用していますので、安心です。

・最初の一回目は無料で御訪問致します。
訪問させて頂き、設置する知的財産部門の最終形態(業務内容)を特定致します。そして、作業に要する時間や費用などの概要を御説明申し上げます。

・期間や費用について
期間としては、通常、10日から30日程必要になります。また、費用としては、通常、30万円から50万円程必要になります。但し、この期間や費用は、御担当になられる方の経験によって大幅に変わりますので、初回におおよその期間と費用を御説明申し上げます。

・作業内容の一例
特許、商標法などの知的財産権制度について御説明します。
御社の業務内容にあった作業フローを作成します。
電子出願端末(特許出願のための端末)を設置いたします