普羅国際特許・商標事務所

中小企業・個人の方へ

事務所紹介

■「これって、特許にならない?」 から、話し合いましょう。

正直に申し上げますと、特許になるか否かを確実に判断することはできません。但し、先行文献調査によって、特許になる可能性を探ることは可能です。  
しかし私共「普羅」では、特許になるか否かの可能性よりも、本当に特許出願するべきかを重要視しています。  
特許出願を行えば、最終的に特許権として保護される可能性はありますが、その反面、技術内容を公表してしまうというデメリットもあります。私どもは、企業発展のために「特許出願するべきか」「営業秘密にするべきか」から、打ち合わせさせていただきます。これは、私ども「普羅」では、特許等の知的所有権は、権利を取得することが最終目標ではなく、権利を活用してビジネスを発展させることが最終目標であると考えているからです。

■定期的に訪問し、社内における知的財産業務を支援します。

私どもは、出願書類等を作成することが主な業務です。  
しかしながら、私ども普羅国際特許・商標事務所では、事務所内に篭って作業するだけでなく、更に進んで、クライアント様の知的財産業務全般をサポートすることを望んでおります。ちょっとしたアイデアでも無駄にすることのないように、定期的に訪問させていただき、御社の知的財産担当者として、より深く創作活動に関与することを願っています。  
また、御社の知的財産担当者としての作業を行いますので、担当部署との調整を図りながら、他の特許事務所への依頼書や回答書も作成いたします。関東圏の企業様でしたら、所回は無料で訪問させていただきますので、どの様なことでもお気軽に御相談ください。

■知的財産部門の設立をサポートします。

私たちは、知的財産権に関するプロとして、法律面・実務面を熟知していますので、御相談頂いた案件については、先願調査、出願、中間手続きを始め、権利化後の問題についても十分に対応することができます。  
特に私たち「普羅国際特許・商標事務所」では、「知的財産業務」の支援活動も行っていますので、より身近に知財業務を行わせて頂くことができます。しかしながら、このような「知的財産業務」の支援活動も、時間的・費用的な理由に基づく限界があります。そこで、私たちは、少しでも御社の知財業務のお役に立ちたいと考え、知的財産部門設立のサポート業務を行っています。実際の業務内容は、「普羅の業務内容」の「知財部門の創設支援」を御参照ください。  
知的財産権に関する問題は、正直、相当に面倒です。しかし、御社の業務内容を熟知し、その上で知的財産権とはどのようなものかを御存知の方がいれば、このような問題に巻き込まれる虞を大幅に軽減することができます。  
決して専属の方である必要は御座いません。知財担当者がいる事のメリットを、是非一度御検討ください。


料金

出願料金等を定めた弁理士報酬額表は、平成13年1月6日の新弁理士法の施行をもって廃止されていますので、現在は、それぞれの事務所ごとに異なる料金を採用しています。しかしながら、多くの事務所において、以前の弁理士報酬額表に沿う料金体系を採用しているのが実情です。料金に関しましては、「特許事務報酬(弁理士手数料)に関するアンケート結果」を御参考下さい。

但し、私ども普羅国際特許・商標事務所では、クライアント様の業務の御発展を最優先に考えておりますので、費用に関しましては柔軟に対応しております。

「普羅国際特許・商標事務所」を御利用の際には、費用をどうするかよりも、「その技術」を保護すべきか否かを最優先に御検討ください。