普羅国際特許・商標事務所

大手企業の方へ

事務所紹介

■知財御担当者の御負担を「普羅」が受け持ちます。

知財御担当者は、社内における知財案件の調整や、他社との知財交渉など、私どもでは十分にお役に立てない場面において御活躍いただけるよう、可能な限りお手伝い申し上げます。
例えば、社内稟議の際に使用する「提案書」や「企画書」などは、発明の概要をお教え頂ければ、「普羅」で原案を作成致します。  
私どもにできることは、御遠慮なくお申し付けください。

■急ぎの案件もお受けします。

特に特許や意匠の出願などは、学会や展示会などでの発表、或いは新聞発表などとの関係で、急ぎの対応が必要になることも御座います。  
私ども普羅国際特許・商標事務所では、全員がプロ意識を持って作業しておりますので、「土日出勤」、「徹夜」などで、可能な限り対応させていただきます。但し、短時間で作業を行うためには、一度は当事務所において検討させていただいた案件であることが必要になりますので、このような急な案件の御依頼をお受けするに際しては、一度当事務所を御利用いただいたクライアント様に限らせていただく場合がございます。

■セカンドオピニオンを御提案申し上げます。

特許、意匠、商標などの知的財産権は無形の財産ですので、当然に、各専門家毎に、その捕らえ方や表現の仕方が異なるのが事実です。  
それぞれの案件ごとに重要性は異なりますので、全ての案件とは行かないまでも、重要な案件に関しては、病気の場合と同じように、セカンドオピニオンを得て御検討されてはいかがでしょうか。  
かくいう私どもも、その判断が絶対に正しいとは言い切れません。しかし、最大限に調査・検討を行っておりますので、きっと有用な判断資料と成り得るものと思います。  
鑑定などと堅苦しい事は抜きにして、「これ、同思う?」程度の心持で、お気軽にお問い合わせください。


料金

出願料金等を定めた弁理士報酬額表は、平成13年1月6日の新弁理士法の施行をもって廃止されていますので、現在は、それぞれの事務所ごとに異なる料金を採用しています。  
しかしながら、多くの事務所において、以前の弁理士報酬額表に沿う料金体系を採用しているのが実情です。  
料金に関しましては、「特許事務報酬(弁理士手数料)に関するアンケート結果」を御参考下さい。

また、私ども「普羅」では、作業量に応じた料金体系を採用しておりますので、相互に関連する複数の案件に関しましては、柔軟な料金体系を採用させていただいております。